今はネットで簡単に欲しいものの口コミや体験レビューが調べられます。

検索はYahoo!Googleから、Twitter・Instagramに変化してます。

スマホ一台あれば、欲しいものの評価や使った体験談がすぐに分かり非常に便利なのですが、こんなネット社会では良い口コミが大半を占めています。

なぜなら企業は自社商品を良い口コミで埋めたいと思っており、俗に言うステマ投稿が非常に多いのが現実なのです。

ユーザーは本来、良い口コミと同じほど悪い口コミも実は知りたいのです。

悪い口コミを見て、それが自分の許容範囲なのか知ることで、買った時のデメリットを極力無くせるからです。

仮にデメリットの口コミや評価を見て、それがデメリットと感じなければ、自分に合っている商品だと考えられるのです。

これはキャッシングにも当てはまります。

2020年現在、キャッシングできるカードローンはかなりの数があり、実際にどれが自分に合うのか分かりません。

ネットの口コミや評価を見ても、どれも良い事ばかり書いてあり、肝心の悪い口コミがほとんど見当たらないのです。

キャッシング業界は驚くほどに悪い口コミがありません。異様な光景と言っても良いでしょう。

お金を借りる人は貸す人よりも立場的に弱者にあることから、貸してくれてありがとうの気持ちが強く、借りる時には良い口コミになってしまうものです。

本当は完済したときに、そのキャッシング会社を利用してどうだったのか?が一番参考になるのですが、完済したらそれで終了となるので、どんな会社だったのかを残そうとする人は珍しいのです。

そこで、今までカードローンを利用してきた人を対象に独自調査を行い、デメリット部分を探してみました!

貸金業務取扱主任者の監修も受けているので、間違ったことは書いておりません!

当サイトでいろいろなデメリット部分を知ってもらい、是非キャッシングの参考にしてください。

こんなキャッシング先はおすすめできません!

まずキャッシング初心者向けの話ですが、こんなキャッシング先は絶対におすすめできません。

  • 契約に1度は来店が必要
  • 提携ATMがない(特にコンビニATMと提携してない)
  • WEBで契約できず、契約のやりとりが郵送
  • 返済方法が来店か銀行振込しかない
  • 申込時に別居の親族の連絡先を聞いてくる
  • 同居家族の氏名や勤務先を聞いてくる
  • やたら増額や再契約の営業電話をかけてくる

なぜおすすめできないのか、1つずつ説明していきます。

契約に1度は来店が必要

今のカードローンはWEB完結が主流です。契約に必ず来店が必要となるのでは、中小の消費者金融または、ろうきんや地方信用金庫など、昔の契約方法をしているキャッシング先だけです。

来店で契約する意味は、契約前に人間性を確認でき、返済についても話がある程度できるメリットがあります。

しかしながら、利用者にとって来店ほど面倒な手続きはありません。

そもそも来店するところを知り合いに見られた時点で借金をしていると一発でバレてしまいます。

今のキャッシングはほとんどがWEB完結で契約完了できます。今どき来店が絶対条件のキャッシング先はおすすめできません。

提携ATMがない。特にコンビニATMと提携していない

今のカードローンは銀行などの金融機関とATM提携しているので、大手都市銀行のATMにキャッシングカードを入れれば返済や借入ができます。

その中で便利なのが、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどに設置してある銀行ATMです。

セブン銀行、ローソン、Enetがそれに該当するのですが、24時間営業のコンビニから返済・借入できることはめちゃくちゃ便利なのです。

1週間で1度もコンビニに行かない人は珍しくなってきてるほど、今はコンビニが沢山あります。

田舎でコンビニ自体が無い街もありますが、コンビニは無くても郵便局はあるはずです。

大手消費者金融であれば、ゆうちょ銀行ともATM提携しているので、コンビニが無くてもゆうちょ銀行ATMから借入・返済ができます。

要するに、重要なのはコンビニATMとゆうちょ銀行ATM、この2つと提携しているかどうかなのです。

ここは借りた後に満足するかどうか、非常に重要になってきますので、申込前に必ずチェックすることをおすすめします。

Copyright© キャッシングでおすすめできない会社とは?プロが辛口で暴露します! , 2020 All Rights Reserved.